2017年4月26日水曜日

「ロボットに資産運用をお任せ?!」ライフプラン VS ロボアドバイザー

こんにちは!



先日、日経新聞電子版のビジュアルデータに



私の仕事、ロボットに奪われますか? ツールでチェック

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/ft-ai-job/



というコンテンツが追加されました。





これは米マッキンゼー・グローバル・インスティチュートから提供されたデータをもとに

本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズが共同で作成したツールです。



マッキンゼーのチームは米労働統計局のデータを利用し、820種類の職業を

個々の職業を構成する業務を2000に分解。

それぞれの業務について求められる18の遂行能力の組み合わせを
評価しているとのことです。



このツールは簡易版で、本来は820ある職業を23の職種に分けた上で、

97の職務グループに分類しています。





世間では「人工知能(AI)が人間の仕事を奪う」と騒がれていますが、

データ上、実際にどのくらいの業務が自動化できるのか?



さっそく、自分の職業で試してみました。






業種:ビジネス、ファイナンス を選択

職種:金融スペシャリスト を選択





結果・・・・・




わたしの仕事は、21.5%(全93業務のうち20業務が)ロボットで代替できる



という結果になりました。
 



つまり、この業種・職種の方たちは機械でできる処理を任せることにより

今より21.5%の付加価値を生み出すチャンスが増えるという事ですね!





AIといえば、ファインナンス業界では各社ロボアドバイザーの導入商戦が
激しくなっていますが、「ゲーム感覚で質問に答えるだけで自分にぴったりな
投資ポートフォリオが見える」という点で

初心者が使うツールとしては大変面白いかと思います。



楽ラップでの実際の画面はこんな感じです↓
投資の専門用語も一切出てこず、心理テストのような感じですね。
なお、楽ラップは投資信託のロボアドバイザーとなっています。










全16の質問に答えました。

ポートフォリオ結果はこちら↓
 

 






現実の自分のポートフォリオと見比べましたが、割合的には大きく相違ありませんでした。

恐るべしロボアドバイザー...



大変便利なツールではありますが、やはり「参考程度」にとどめておくのが無難かと
思います。





わたしは現在、個人向けサービスとして「ライフプラン(生涯収支の把握)」
ご提供をしています。



お金への不安は、誰しも尽きません。



財産形成を資産運用で考えたとき、不安に駆られて
「今すぐ投資で殖やさなきゃ!」とロボアドバイザーを頼りたくなりますが、
これから資産形成や人生のマネープランを立てる人にとっては、まず初めに

「何のためにお金がいくら必要なのか?」を真面目に考えることがとっても重要です。



もしかしたら、今ご自身・ご家族家族に必要なものは投資ではなくて保障かもしれませんし、
そもそもロボアドバイザーによる資産配分の提示と資産配分が適正かは別問題、という
論点も捨てられません。



弊社も、お客さまの資産情報を精査するために「ツール」を活用します。

一生分の収支を確認できる大変便利なものですが、単体では「把握」にとどまり
「活用」に至りませんし、ヒアリングを通し、潜在的な不安を顕在的意識として認識することで
初めて本当の「悩み」と「解決法」を導き出せます。
 
人間の持つ感情は日々変化し、それが生活環境=お金の使い方 も変えていきます



ロボットやツールが得意な機械的計算・試算は積極的に活用しつつ、

人間にしかできないコミュニケーションと、経済の動きやお客様の変化に敏感な心を、
弊社は引き続き大事にしていきたいと思っています。





「お金の心配をせずに、家族と楽しく暮らしていきたい」という夢や、



「教育費や老後資金など、大きな出費に我が家はたえられるのかなぁ?」という不安など、



個人向けライフプランサービスにて解決することができます。



ご興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください!

 
個人面談もホームページから受け付けていますので、
ぜひお気軽にお申し込みください(^∇^)
 
 

みどり財産コンサルタンツ 公式サイトはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

これから投資をはじめたい人へ!~日本とアメリカの上位10銘柄を比べてみる~

こんにちは! 本格的な夏到来という感じで、東京はムシムシした日が続いております。 皆さま、体調管理には十分お気を付けください。 さて、NIKKEI STYLEで、このような記事がアップされています。 インデックス投資 ワクワク感は得られるか http://st...